北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

酒蔵巡り

以前から外で酒を楽しむタイプではなかったが、コロナ禍となってからは飲み会もなくなり、家飲みが主流となった。酒はそれほど強くないので週末にたしなむ程度だが…▼飲むのは主に焼酎かワイン。焼酎は地元産を飲んでいたが、最近はワインも安い外国産から地元産に変えた▼コロナ禍で都市部に出かけることを躊躇せざるを得えなくなり、ストレスを解消するため車に乗り込み、北近畿の道の駅を訪れることが増えた。そこでたまたま購入したワインが気に入ったからだ▼価格は以前と比べると高くなるが、それでも飲食店で飲むことを思えば破格の安さだし、なによりおいしく感じる▼となると、興味が出てくるのが日本酒だ。以前は飲まなかったが、最近はそのおいしさが分かり、たまに買っている。焼酎と同じく地酒を飲んでいるが、スーパーで購入しており、酒蔵で買うことはあまりない▼北近畿にワイナリーは少ないが、酒蔵は多い。道の駅巡りも良いが、あまたある酒蔵の酒を試して、お気に入りの酒蔵のお気に入りの酒を見つける酒蔵巡りも悪くないのではと思っている。〔塩見〕  

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    希望の象徴

    2021年02月01日

     2度目の緊急事態宣言の発出は北近畿の地域経済に暗い影を落としている。私が担当する宮津・天橋立の展望施設、飲食店、宿などは時短営業や休業に入っており、…

    MORE
  • NO IMAGE

    THE MATCH

    2022年07月01日

    6月19日に東京で開催された格闘技イベント「THE MATCH」をペイパー・パー・ビュー(PPV)で観戦した。視聴する番組ごとに支払う方式は日本では浸…

    MORE
  • NO IMAGE

    新規事業

    2022年06月11日

     最近、新規開店や新規事業の取材が増えた気がする。コロナ禍によって、ここ2年余りは多くの人が身をひそめるようにして事業活動をしていた印象だったが、いよ…

    MORE
  • NO IMAGE

    夜の客船

    2021年07月11日

     本来ならこの時期、舞鶴港はクルーズシーズン真っ盛りである。しかし昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で客船の寄港回数がゼロに。そして今シーズンは飛鳥Ⅱ…

    MORE