北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

市長選

 任期満了に伴う豊岡市長選が4月25日に投開票され、新人で元市議会議長の関貫久仁郎氏が初当選を果たした。現職の中貝宗治氏が進めた「演劇のまちづくり」の是非が大きな争点となり、僅差ではあったが市民は市政の転換を訴えた関貫氏を選択した▼コウノトリの野生復帰や城崎国際アートセンターの開設、芸術文化観光専門職大学の誘致、ジェンダーギャップの解消など、中貝氏が打ち出した政策は国内外から注目を集め、「豊岡」の名を広く知らしめた。ただ、コロナ禍が市民生活に大きな影響を及ぼす中で、こうした政策が豊岡にとってなぜ必要なのか、市民一人ひとりに浸透していなかったという見方があるのも事実だ▼過日、4月に開学した専門職大を取材で訪れたが、そこには笑顔あふれる学生の姿があった。これから、学生たちは豊岡を始め但馬地域をフィールドに活躍する。福知山市もそうだが、過疎化が進む地方都市に大学があるというのは市民の誇りにもつながる。豊岡の新たなかじ取り役となった関貫市長ならではの、市民に寄り添った市政運営に期待したい。〔岡田〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    大切な店

    2020年08月21日

     先月、取材して以来、ずっと行きたかった舞鶴のシネマカフェに行くことができた。目的はジャズピアニストのドキュメンタリー映画。都市部の映画館でしか観られ…

    MORE
  • NO IMAGE

    平らかな世

    2021年02月11日

     戦国武将の明智光秀を描いたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が終わった。福知山市や丹波市など北近畿にはゆかりの地が多いこともあり、多くの人が関心を…

    MORE
  • NO IMAGE

    アフターコロナ

    2020年06月17日

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除された。これを受けて北近畿でも5月下旬から営業を再開する施設が増え始めて、週末になると駐車場にたくさんの…

    MORE
  • NO IMAGE

    変化

    2022年06月21日

     綾部市の花火大会「あやべ水無月まつり」が7月23日、3年ぶりに開催される予定だ。今年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止されていたイベントや行事…

    MORE