北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

取材エリア

 昨年末から南但馬(養父市、朝来市)と兵庫丹波(丹波市、丹波篠山市)が私の取材担当エリアになった。1994(平成6)年から始まった記者人生で、これまではすべて京都府内の市町を担当しており、兵庫県内は初めてのことになる▼正直、最初は不安しかなかった。記者としての経験はあるものの、地理や町の歴史はほとんど分からない。しっかり取材できるのだろうか―と▼ところが取材を始めてみると、取り越し苦労だということがすぐに分かった。確かに事前に知っている情報は極端に少ないが、だからこそ予断を持たず丁寧にお話を聴くことができる。更にこれは北近畿地域全般に言えるが、何より人が温かい▼一方で、現在までに新しい担当エリアで人間関係を作ることができた方はまだ数えるほど。つまり人づての情報収集は緒に就いたばかりで、何とも心もとない。よって現在の主な情報収集手段はSNSを始めとするネットからとなっている。個人が媒体を持つ時代だからこそ可能になる手段だが、さて、記者としての力量が問われているということか。〔四方〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    光の迷路

    2020年12月21日

     週末夜、子どもを連れて東舞鶴のまちなかに完成したLED迷路に行ってきた。地元商店街の取り組みで、4万個のLED電球で装飾したイルミネーション迷路だ。…

    MORE
  • NO IMAGE

    夜の客船

    2021年07月11日

     本来ならこの時期、舞鶴港はクルーズシーズン真っ盛りである。しかし昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で客船の寄港回数がゼロに。そして今シーズンは飛鳥Ⅱ…

    MORE
  • NO IMAGE

    未知の食

    2021年08月21日

     取材をきっかけに、これまで知らなかったものに巡り合うことがある。本日付7面で紹介した京丹後市のハンバーガー店「Side Deli Soel(サイドデ…

    MORE
  • NO IMAGE

    希望の象徴

    2021年02月01日

     2度目の緊急事態宣言の発出は北近畿の地域経済に暗い影を落としている。私が担当する宮津・天橋立の展望施設、飲食店、宿などは時短営業や休業に入っており、…

    MORE