北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

ワクチン接種

 綾部市在住の私は1日、1回目の新型コロナウイルスワクチンを接種した。しばらく腕が痛んだが、副反応もなく通常通り仕事ができた▼予約時間は朝一番の午前8時45分。自宅を8時20分に出て、帰宅したのは9時20分。ずいぶん待たされるのだろうと覚悟して出掛けたが、ちょうど1時間であっけなく終わったことに驚いた▼会場に入ってから後にするまで、スタッフの指示に従っていれば問題なく接種を終えられるようになっており、いかに接種を円滑に進めるかを考え抜いたスタッフの配置に感服した。改めてスタッフの皆さんに感謝したい▼菅義偉首相は10月から11月の早い時期に希望する全国民のワクチン接種を終える目標を掲げている。首相官邸によると、8月2日時点で2回接種を完了している国民は約30%。日本でワクチン接種が始まったのが2月中旬。5カ月半で30%という比率とワクチン不足により一部で接種が滞っている状況を考えると、「10月から11月の早い時期」というのは高い目標だと思うが、現場の皆さんの頑張りをみると、不可能ではない気がしてきた。〔塩見〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    平らかな世

    2021年02月11日

     戦国武将の明智光秀を描いたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が終わった。福知山市や丹波市など北近畿にはゆかりの地が多いこともあり、多くの人が関心を…

    MORE
  • NO IMAGE

    陸の孤島

    2022年08月11日

     本日付の紙面で、京丹後市が航空会社らと3者で取り組む地方創生プロジェクトを紹介した。その取材では、同市が時間距離で「東京から最も遠いまち」の一つであ…

    MORE
  • NO IMAGE

    人手不足

    2022年11月21日

     新しい店はできたが従業員が確保できないので営業できない―。ある飲食店経営者からこんな話を聞いた。今まで新規開業した店を数多く取材してきたが、工期の遅…

    MORE
  • NO IMAGE

    希望の象徴

    2021年02月01日

     2度目の緊急事態宣言の発出は北近畿の地域経済に暗い影を落としている。私が担当する宮津・天橋立の展望施設、飲食店、宿などは時短営業や休業に入っており、…

    MORE