北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

ワクチン接種

 綾部市在住の私は1日、1回目の新型コロナウイルスワクチンを接種した。しばらく腕が痛んだが、副反応もなく通常通り仕事ができた▼予約時間は朝一番の午前8時45分。自宅を8時20分に出て、帰宅したのは9時20分。ずいぶん待たされるのだろうと覚悟して出掛けたが、ちょうど1時間であっけなく終わったことに驚いた▼会場に入ってから後にするまで、スタッフの指示に従っていれば問題なく接種を終えられるようになっており、いかに接種を円滑に進めるかを考え抜いたスタッフの配置に感服した。改めてスタッフの皆さんに感謝したい▼菅義偉首相は10月から11月の早い時期に希望する全国民のワクチン接種を終える目標を掲げている。首相官邸によると、8月2日時点で2回接種を完了している国民は約30%。日本でワクチン接種が始まったのが2月中旬。5カ月半で30%という比率とワクチン不足により一部で接種が滞っている状況を考えると、「10月から11月の早い時期」というのは高い目標だと思うが、現場の皆さんの頑張りをみると、不可能ではない気がしてきた。〔塩見〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    変化

    2022年06月21日

     綾部市の花火大会「あやべ水無月まつり」が7月23日、3年ぶりに開催される予定だ。今年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止されていたイベントや行事…

    MORE
  • NO IMAGE

    清白を子孫に

    2024年02月11日

     ことわざに「清白を子孫に遺す」がある。2千年近く前の中国の王朝・後漢の楊震という人物にちなむ言葉。子孫に残すべきは清廉潔白という美風で、役職を利用し…

    MORE
  • NO IMAGE

    カメラマン講座

    2022年05月21日

     宮津の魅力を発信し、移住希望者向けのサイトを運営する一般社団法人MITEMIが企画した「カメラマン講座」を取材した。今号の5面に記事を掲載しているが…

    MORE
  • NO IMAGE

    脱マスク

    2023年06月01日

     新型コロナの感染法上の位置づけが季節性インフルエンザなどと同等の「5類」に移行してから間もなく1カ月。暑さを感じる日も多くなり、「脱マスク」が進むの…

    MORE