北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

会話の配慮

 文章を書く仕事のせいか、人と話すのが苦手だ。取材の際は話さなければ仕事にならないので、下手を承知で話している。相づちのバリエーションも貧弱で、毎回、相手がどう思っているかを考えると冷や汗もの。特に顔が見えない電話は最も苦手だ▼「話術の神様」徳川無声は、人と会話する時の「座談十五戒」を1947年刊の「話術」(現在は新潮文庫で復刻)で示している。一人でしゃべるな▽黙り石となるな▽威張って反り返るな▽馬鹿丁寧になるな▽お世辞屋になるな▽毒舌屋になるな▽愚痴のコボシ屋になるな▽自慢屋になるな▽ほら吹きになるな▽知ったかぶるな▽なんでも賛成するな▽なんでも反対するな▽軽薄才子になるな▽朴念仁になるな▽敬語を忘れるな―だそうだ▼ただ、これらは全て他人への配慮であり、人の心を温めるために言葉はあるという。突き詰めれば話術は、その人の人格に行きつくらしい▼今はマスクなので相手の表情が読みにくい。相手が不快にならないような会話を心掛けてはいるつもりだが、果たしてできているか。はなはだ心もとない。〔四方〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    未知の食

    2021年08月21日

     取材をきっかけに、これまで知らなかったものに巡り合うことがある。本日付7面で紹介した京丹後市のハンバーガー店「Side Deli Soel(サイドデ…

    MORE
  • NO IMAGE

    新年の抱負

    2021年01月12日

     コロナ禍の2021年が始まった。首都圏での緊急事態宣言、Go Toトラベルキャンペーンの停止延長など年始から暗い話題がある一方、2月下旬には医療従事…

    MORE
  • NO IMAGE

    3年ぶり

    2022年07月11日

     コロナ禍で長い間中止されていたイベントや行事などが次々と再開され、新聞やテレビでは「3年ぶり」の文字を頻繁に目にするようになった。実際、私も取材の際…

    MORE
  • NO IMAGE

    変化

    2022年06月21日

     綾部市の花火大会「あやべ水無月まつり」が7月23日、3年ぶりに開催される予定だ。今年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止されていたイベントや行事…

    MORE