北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

「宅録」で声を販売

司会業の澤田のりよさん コロナ禍で新サービス

 コロナ禍でイベントや式典などが中止になり、壊滅的な状況にある司会業界。そんな中、小浜市在住の司会者・ナレーター、澤田のりよさんが、自宅にそろえた機材でナレーションなどを録音する「宅録」サービスを始めた。打ち合わせから支払いまで完全非対面で音声データを納品する。自宅での収録のため急な案件にも対応できるのが売りで、ラジオCMや館内アナウンスなど、気軽に利用してほしいという。=詳細は12月21日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 無人船の民間活用へ

    2021年12月11日

    舞鶴の防衛装備品メーカー 災害時想定し実証実験 海自艦艇の装備品などを製造するJMUディフェンスシステムズ㈱(本社・舞鶴市余部下、荒木紀…

    MORE
  • 新温泉に観光誘客を

    2022年09月21日

    町内初の旅行会社「麒麟トラベラー」が創業 新温泉町の豊富な観光資源を生かして観光客を誘致しようと、同町諸寄に町内初の旅行会社となる合同会…

    MORE
  • 東舞鶴市街地にLED迷路

    2020年12月11日

    国の「GoTo商店街」で2月まで  東舞鶴の市街地にイルミネーションで輝く迷路が登場した。コロナ禍で閉塞感が漂う夜のまちを活気づけようと…

    MORE
  • 養父のマリオットホテル着工

    2021年11月01日

    積水ハウス 来年9月完成めざす 積水ハウス㈱(大阪市)とホテル大手の米マリオット・インターナショナルはこのほど、養父市八鹿町高柳の道の駅…

    MORE