北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

5類1年

 昨年5月8日に新型コロナウイルス感染症が感染症法上の5類に移行されて1年。ほぼ以前の日常生活に戻り、今となっては「あれほどの大騒動が必要だったのか」と思いたくもなる▼コロナ禍で中小企業向けに実施されたのが、いわゆる「ゼロゼロ融資」。実質無利子・無担保で、コロナ禍で大きく売り上げが減少した中小企業の資金繰りを支援するため、2020年3月に始まった。実質無利子期間の3年が経過し、昨夏から返済が本格化。今春は最後のピークを迎えたといわれる▼融資を受けた企業の中には過剰な債務を抱えて事業継続が危ぶまれるところもあり、情報サービス提供会社・㈱帝国データバンクの調査によると、京都府内や兵庫県内でも倒産件数は高止まりしている▼政府は3月末までとなっていた資金繰りの支援策を6月末まで延長したが、7月以降は支援をコロナ禍前の水準に戻す考えという。大企業に比べ物価高騰や賃上げへの対応が難しい中小零細企業。役目を終えた「ゾンビ企業」はともかく、これからも日本の産業を担う優秀な企業を下支えする必要がある。〔四方〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    未知の食

    2021年08月21日

     取材をきっかけに、これまで知らなかったものに巡り合うことがある。本日付7面で紹介した京丹後市のハンバーガー店「Side Deli Soel(サイドデ…

    MORE
  • NO IMAGE

    3年ぶり

    2022年07月11日

     コロナ禍で長い間中止されていたイベントや行事などが次々と再開され、新聞やテレビでは「3年ぶり」の文字を頻繁に目にするようになった。実際、私も取材の際…

    MORE
  • NO IMAGE

    どうする

    2023年02月01日

     今年のNHK大河ドラマ「どうする家康」が始まっている。私はほぼ毎年、年間を通して大河ドラマを視聴しているので、今回も何の迷いもなく見始めた。舞台は人…

    MORE
  • NO IMAGE

    コロナ禍のビジネス

    2021年03月21日

     新型コロナウイルスの国内感染が始まって1年余り。感染拡大に伴う旅行需要や外食需要の落ち込みで宿泊施設や飲食店を中心に今も厳しい状況が続く。一方で、こ…

    MORE