北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

空き家問題

 全国各地で深刻化する空き家問題が、身近なものになった。綾部市の自宅の隣が空き家になり数年。住人がいなくなってから老朽化が加速し、傷んだ屋根から木板や金属板が落ちてくるようになった。2階建てなので高さはあり、落下物が人に当たれば大変なことになる。危険な状態だ▼総務省が5年ごとに行う「住宅・土地統計調査」によると、全国の空き家は2018年で846万戸に上る。調査で四つに分類される空き家のうち、問題は「その他の空き家」。売却用や賃貸用、別荘ではなく、管理不十分なまま放置される可能性が高いもので、18年は347万戸あり、30年前の2・6倍に増えた▼隣はおそらく「その他の空き家」。危害が及ぶ前に何とかしようと市に現状を伝えたが、所有者が対応するとは限らないし、所有者を特定できないことだってあり得る。場合によっては、行政が撤去できる「特定空き家」に認定されるまで待つしかない▼今後も空き家は増加する。同じ悩みを持つ人も増えるだろう。以前はどこか他人事だった空き家問題だが、身を持って対策の必要性を知った。〔樋口〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    アフターコロナ

    2020年06月17日

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除された。これを受けて北近畿でも5月下旬から営業を再開する施設が増え始めて、週末になると駐車場にたくさんの…

    MORE
  • NO IMAGE

    マイクロツーリズム

    2020年10月21日

     新型コロナウイルスの感染拡大で個人的に不要不急の遠出や外食は自粛していたが、感染者も一時期に比べると少なくなり、行楽シーズンを迎えたこともあってドラ…

    MORE
  • NO IMAGE

    ビッグボス

    2021年11月21日

     テレビや新聞紙上は久しぶりにプロ野球の話題でにぎわっている。脚光を浴びているのは「ビッグボス」こと日本ハム新庄剛志監督だ。皆が彼の一挙一動を見守って…

    MORE
  • NO IMAGE

    海のまち

    2020年07月03日

     今年はどうやら、海水浴や打ち上げ花火、祭りといった夏の楽しみを味わう機会がなさそうだ▼北近畿でも多くの市町が海水浴場の開設を見合わせており、早々に花…

    MORE