北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

新規事業

 最近、新規開店や新規事業の取材が増えた気がする。コロナ禍によって、ここ2年余りは多くの人が身をひそめるようにして事業活動をしていた印象だったが、いよいよ「ウィズコロナ」の世の中が本格化したのを肌で感じる▼ただ、ウクライナ情勢、円安などに伴う諸物価高騰は大きな足かせだ。財務大臣自身が先日の記者会見で「悪い円安」と言った。「悪い円安」が良い事象なのか、悪い事象なのかはどうやら論が分かれるようだが、大臣の言はまるで他人事に聞こえた▼それにしても、取材先でいつも感心するのは民間事業者のたくましさ。生き残るための業種転換、業態転換を積極的に進めている姿には感銘を受けるとともに、自身を顧みて反省することしきり。新聞業界も時代の大波に飲まれている最中で、まったく他人事ではない▼パワフルな経営者の方々から話を聞いていると、こちらも元気が湧く。「現状維持は後退の始まり」とは、かの松下幸之助翁の言葉。ウォルトディズニーやゲーテ、ナイチンゲールなども同様のことを言っている。さて、何から取り掛かろうか。〔四方〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    人手不足

    2022年11月21日

     新しい店はできたが従業員が確保できないので営業できない―。ある飲食店経営者からこんな話を聞いた。今まで新規開業した店を数多く取材してきたが、工期の遅…

    MORE
  • NO IMAGE

    大切な店

    2020年08月21日

     先月、取材して以来、ずっと行きたかった舞鶴のシネマカフェに行くことができた。目的はジャズピアニストのドキュメンタリー映画。都市部の映画館でしか観られ…

    MORE
  • NO IMAGE

    新年度予算案

    2022年03月01日

    北近畿の自治体で新年度当初予算案の発表が相次いでいる。何に課題を持ち、どういった方向性でまちづくりを行うのかという各首長の方針が示される場でもあり、毎…

    MORE
  • NO IMAGE

    活気の火種

    2021年09月01日

     8月初旬、せめてもの夏休みの思い出をと家族で「宮津天橋立エール花火」を観に行った。コロナ禍で打撃を受けている宮津市の観光業を盛り上げようと昨年の夏か…

    MORE