北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

年末年始

 本日付5面に掲載の年末年始の鉄道と道路の利用状況は、前年を大きく下回り例年にない落ち込みとなった。やはり新型コロナウイルスの影響は大きく、多くの人が帰省を自粛したことが数字にも表れた。来年はいつものような、にぎやかな正月を迎えることはできるだろうか▼昨年末、私が暮らす綾部市では商業施設の客は多いものの、例年のように人でごった返す感じではなかった。私事では、古里を離れた同級生たちとの年に1回の再会の場となる恒例の忘年会も今回は中止になった。年明けにはコロナの感染が広がり、今は緊急事態宣言下。収束の時期は不透明だ▼「不要不急の外出自粛」が呼び掛けられ、自宅で過ごす時間が増えた。大好きなビールを店で飲む機会は減ってしまったが、テイクアウトを利用した〝おうち居酒屋〟で代替している。コロナ禍で始めた新たな楽しみだ▼おそらく今後は、ウィズコロナの時代に対応したサービスがどんどん出てくる。もし来年の正月も帰省ができない状況であっても、地域が盛り上がるような仕組みができていることに期待したい。〔樋口〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    マイクロツーリズム

    2020年10月21日

     新型コロナウイルスの感染拡大で個人的に不要不急の遠出や外食は自粛していたが、感染者も一時期に比べると少なくなり、行楽シーズンを迎えたこともあってドラ…

    MORE
  • NO IMAGE

    海のまち

    2020年07月03日

     今年はどうやら、海水浴や打ち上げ花火、祭りといった夏の楽しみを味わう機会がなさそうだ▼北近畿でも多くの市町が海水浴場の開設を見合わせており、早々に花…

    MORE
  • NO IMAGE

    マスク

    2020年09月23日

     新型コロナウイルスの感染拡大で必需品となったマスク。以前は開店前のドラッグストアに行列ができるほど品薄だったが、今では色々な素材のマスクが店頭に並ぶ…

    MORE
  • NO IMAGE

    光の迷路

    2020年12月21日

     週末夜、子どもを連れて東舞鶴のまちなかに完成したLED迷路に行ってきた。地元商店街の取り組みで、4万個のLED電球で装飾したイルミネーション迷路だ。…

    MORE