北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

人手不足

 新しい店はできたが従業員が確保できないので営業できない―。ある飲食店経営者からこんな話を聞いた。今まで新規開業した店を数多く取材してきたが、工期の遅れで開業時期がずれ込んだという話はあっても、人が集まらないから開業できないというのは珍しく、人手不足の深刻さに改めて驚かされた▼新型コロナウイルスの感染拡大で飲食店や宿泊施設が休業に追い込まれた時、休んでいる従業員に対して給料やボーナスを支給した宿泊施設があった。経営的にも非常に厳しい時期だったと思うが、施設側はせっかく確保して育てた人材を手放す方が今後の経営に影響すると判断したのだろう▼先日、福知山であった経営セミナーの講師は、少子化が進む中での人材確保について「企業が成長しないと若い社員は定着しない。とにかく稼ぎ、そのお金を社員に還元してあげてほしい」と話していた▼コロナ禍に加え円安や燃料・原材料の高騰など新たな壁に直面する企業にとって、「まずは会社のために頑張っている従業員を大切にする」ことが最も求められているのかもしれない。〔岡田〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    静かな夏

    2020年09月01日

     立秋も過ぎ、暦の上では秋。まだまだ厳しい暑さが続くが、田んぼの稲穂は黄色く輝き始め、いよいよ秋本番を迎える。スーパーには梨など秋の食材もちらほら並び…

    MORE
  • NO IMAGE

    百年産業

    2022年01月11日

     新年最初の取材は商工会議所の新年互礼(賀詞交歓)会で、毎年の恒例となっている。私が担当する舞鶴商工会議所では昨年、新型コロナウイルスの感染拡大を受け…

    MORE
  • NO IMAGE

    コロナの影響

    2020年08月11日

     本日付5面には、北近畿に本店を置く3信用金庫が行った4―6月期の景況調査の記事を掲載した。府北部、但馬、兵庫丹波のいずれの地域も急激に落ち込んだ。ま…

    MORE
  • NO IMAGE

    活気の火種

    2021年09月01日

     8月初旬、せめてもの夏休みの思い出をと家族で「宮津天橋立エール花火」を観に行った。コロナ禍で打撃を受けている宮津市の観光業を盛り上げようと昨年の夏か…

    MORE