北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

丹後ちりめん

 「ガチャンガチャン」という機織り機の大きな音と潮の匂い。小学生まで、夏休みは母の実家がある旧丹後町で過ごした。今でも潮風を吸うと記憶が鮮明によみがえる。大切にしている思い出だ▼無数に折り重ねられた紋紙。機織り機の音を遮る、耳をつんざくような電話のベル。炊事場の窓からは壮大な外海の絶景が広がっていた。日本海。冬は厳しいイメージがあるが、夏は深い緑の水面がキラキラと光り、とても美しかった▼家から少し歩くと、当時は百貨店のようなにしがきの店があった。伯母や母の手を握り、買い物に出かけた。港で盛大に開かれていた夏祭りにはたくさんの人。打ち上げ花火はまるで頭の真上ではじけているようだった。何もかも楽しかった▼祖父母、伯父、伯母は昼夜問わず働いていた。冬には山盛りのカニ、ブリを食べさせてくれた。本当に新鮮でおいしく真心のこもった料理だった。心が温まった▼30年経った今、そんな私が、些少ではあるが丹後ちりめん創業300年の記事に携わることができ、感慨深かった。今号は特に、たくさんの人に読んで頂きたい。〔岩本〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    夜の客船

    2021年07月11日

     本来ならこの時期、舞鶴港はクルーズシーズン真っ盛りである。しかし昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で客船の寄港回数がゼロに。そして今シーズンは飛鳥Ⅱ…

    MORE
  • NO IMAGE

    ローカルフォト

    2021年03月11日

    まちの隠れた産業やそれに携わる人をカメラに収め、撮った写真を地域内外に発信する「ローカルフォト」。2月の冬日和、宮津で地元写真家らによる、このローカル…

    MORE
  • NO IMAGE

    コロナ禍の災害

    2020年07月11日

     九州地方などを襲った記録的な大雨は各地で河川の氾濫を引き起こし、多くの死傷者を出している。北近畿でも死者を出した2年前の7月豪雨は記憶に新しい。近年…

    MORE
  • NO IMAGE

    忘・新年会

    2020年12月01日

     とても悩ましい日々を送っている。自治会関連の忘・新年会の幹事を仰せつかっているからだ。悩んでいるのは店選びや予算ではなく、開催するかどうかだ▼忘・新…

    MORE