北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

マイクロツーリズム

 新型コロナウイルスの感染拡大で個人的に不要不急の遠出や外食は自粛していたが、感染者も一時期に比べると少なくなり、行楽シーズンを迎えたこともあってドライブに出かけた▼知人がSNSで府内の道の駅を制覇したと発信していたことに影響され、行き先は訪れたことのない道の駅に。調べると、丹波市に隣接する多可町に道の駅「杉原紙の里・多可」があった。高速道路を使えば自宅から1時間強、日帰りドライブにちょうど良い距離だ▼訪れてみると、道の駅周辺に見るべきものが多いことに驚かされた。施設がある多可町加美地区は鎌倉時代から全国に広まった和紙の一つ杉原紙の原産地であるため、道の駅隣接地には史料館や紙漉き体験施設があり多くの人でにぎわっていた▼最も興味深かったのは道の向かい側にあった青玉神社。参道の杉並木が立派で本殿周辺にも杉の巨木が林立しており、静かで荘厳な雰囲気は一見の価値がある▼お陰で長期自粛によるストレスはひとまず解消された。とともに、コロナ禍で注目を集めるマイクロツーリズムの大切さを体感できた。〔塩見〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    コロナと地方

    2021年06月01日

     「大変疲弊している。雇用調整助成金の給付延長をお願いしたい。Go Toトラベルも早期に実施してほしい」。ゴールデンウィークが明けた5月10日、宮津で…

    MORE
  • NO IMAGE

    家族旅行村

    2021年03月01日

     宿泊などの機能を持つ宮津市の公共施設「世屋高原家族旅行村」(宮津市上世屋)が3月末で閉鎖される。入り込み客の減少や施設の老朽化などの問題があり、現在…

    MORE
  • NO IMAGE

    コロナ禍の災害

    2020年07月11日

     九州地方などを襲った記録的な大雨は各地で河川の氾濫を引き起こし、多くの死傷者を出している。北近畿でも死者を出した2年前の7月豪雨は記憶に新しい。近年…

    MORE
  • NO IMAGE

    酒蔵巡り

    2021年06月21日

    以前から外で酒を楽しむタイプではなかったが、コロナ禍となってからは飲み会もなくなり、家飲みが主流となった。酒はそれほど強くないので週末にたしなむ程度だ…

    MORE