北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

クラフトビール

満開を迎えた桜もあっという間に葉桜となり、初夏の陽気がただよい始めた。温暖化の影響か近年は春と秋の期間が短く、夏が長い。しかも最高気温が35度を超える猛暑日が頻発するようになっては、もはや憂鬱でしかないという人も多いのではないか▼そんな暑さを吹き飛ばす大人の楽しみの一つがビール。近年のクラフトビールブームに乗って北近畿でも多くのブルワリー(醸造所)が誕生し、個性的なビールが楽しめるようになった▼日本のクラフトビールの歴史は浅く、1994年の酒税法改正でビールの年間最低製造量が大幅に引き下げられ、小規模のブルワリーが急増した。大手ビールメーカーが価格の安い発泡酒を市場に投入したことで一時はクラフトビールが下火になったが、日本のクラフトビールが海外で高く評価されるようになり、再びブームが起きているのだという▼最近では与謝野町で地元産ホップを使ったクラフトビールが完成したし、今後も北近畿で新しいブルワリーが誕生する話がある。いろんなブルワリーを訪ねて個性豊かなクラフトビールを楽しむのも悪くない。〔岡田〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    スパイスカレー

    2024年02月21日

     冬の寒さが和らぎ、日が長くなってきた。春の訪れが感じられ、明るい気持ちになりそうだが、日本人にとっては一年の中で最も好き嫌いが分かれる時季ではないだ…

    MORE
  • NO IMAGE

    夏の日

    2022年08月01日

     夏休み真っ盛り。今年も暑い夏がやってきた。子どもたちにとって夏休みの思い出は格別のものがあり、コロナ禍の制約はあるにせよ、海へ山へと楽しい日々を過ご…

    MORE
  • NO IMAGE

    希望の象徴

    2021年02月01日

     2度目の緊急事態宣言の発出は北近畿の地域経済に暗い影を落としている。私が担当する宮津・天橋立の展望施設、飲食店、宿などは時短営業や休業に入っており、…

    MORE
  • NO IMAGE

    百年産業

    2022年01月11日

     新年最初の取材は商工会議所の新年互礼(賀詞交歓)会で、毎年の恒例となっている。私が担当する舞鶴商工会議所では昨年、新型コロナウイルスの感染拡大を受け…

    MORE