北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

人を呼び込む新工場

与謝野のシオノ鋳工 飲食や体験施設を併設

鋳物を製造する与謝野町金屋の㈱シオノ鋳工(塩野浩士社長)は、町内に新工場を開設する。鋳造から機械加工までを一貫して手掛けられる態勢とし鋳物の付加価値を高めるとともに、飲食や体験の施設を併設して自社や地域の魅力を発信する計画。地域に人を呼び込む工場を目指し、来年4月ごろの操業開始を予定する。=詳細は2月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 空中ヨガ 気軽に体験を

    2020年11月11日

    南丹市の倉光さん 福知山駅北にスタジオ  JR福知山駅北側の駅正面通商店街に10月21日、ヨガスタジオ「ライフヨガ R studio S…

    MORE
  • 【特集】本紙の〝大先輩〟を紹介

    2022年04月11日

    北近畿のロングセラー商品12点 北近畿経済新聞は創刊30周年を迎えたが、北近畿にはより長きにわたり地域で親しまれる〝大先輩〟ともいえる商…

    MORE
  • 親子で使える鞄開発

    2021年11月21日

    豊岡のコニーがSDGsプロジェクトで 鞄メーカーのコニー㈱(本社・豊岡市佐野、西田正樹社長)は、子育て世代に向け親子で使える鞄「PAPA…

    MORE
  • 丹後で九条ねぎ生産

    2021年04月21日

    こと京都 夏場の産地に選定 京の伝統野菜「九条ねぎ」を生産販売する農業生産法人、こと京都㈱(本社・京都市伏見区、山田敏之社長)は京都府の…

    MORE