北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

エネルギーの地産地消へ

【特集】福知山の地域新電力会社 府北部エリアに事業本格化

 府北部を主なエリアにエネルギーの地産地消を進めようという地域新電力会社、たんたんエナジー㈱(本社・福知山市篠尾新町3丁目)が昨年4月から事業を本格化させ、福知山市の公共施設への電力供給などを始めている。同社を立ち上げた木原浩貴社長(43)に、会社の取り組みや地元中小企業が再エネを活用することのメリットなどについて尋ねた。=詳細は1月1日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 移住者数 6市で過去最多

    2021年05月11日

    コロナ禍で安全な地方へ   拠点移す人が増加 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北近畿への移住者が増えている。北近畿の11市がまとめた…

    MORE
  • 軽トラをキャンプ仕様に

    2021年02月01日

    丹波の東洋製材所が「モバイルハウス」発売 丹波市柏原町柏原の製材業、合資会社東洋製材所(上田棟次郎社長)はこのほど、軽トラックの荷台に積…

    MORE
  • 気球から古代の天平観

    2021年07月21日

    宮津の観光体験に 天橋立を横一線に望む宮津市国分の史跡丹後国分寺跡に4日、気球が浮かんだ。熱気球による係留飛行を宮津の新しいアクティビテ…

    MORE
  • 都市部の企業集まれ

    2021年10月11日

    宮津市が前尾記念文庫をオフィスに 計8室、1億円投じ改修 宮津市は同市鶴賀の旧宮津市前尾記念文庫を改修し、都市部の企業のテレワーク施設と…

    MORE