北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

神鍋高原

豊岡市日高町の神鍋高原にスキーが取り入れられてから来年で100周年。1923年、当時の村長だった中島久太郎氏が神鍋山を踏査して斜面を活用したスキー場が開設されていったとされ、国体スキー大会開催もあり京阪神から多くのスキーヤーが来場。スキー客を受け入れる宿泊施設も増えていった▼しかし、温暖化の影響は色濃く、暖冬による雪不足やスキー客の減少でスキー場や宿泊施設は減少の一途をたどる。2019年度の但馬地域のスキー客入り込み数は記録的な雪不足で16万3千人と但馬県民局が統計を取り始めた1985年以降で最少となるなど、スキー関連の事業者にとって不安定な経営が課題だ▼今後も温暖化で更なる雪不足が懸念され、地元の観光関連事業者から気候変動を含めた環境問題に取り組みながら新たな観光地づくりを進めようという機運が高まっている▼将来は神鍋でスキーすらできなくなる可能性もあると危惧する関係者もある。神鍋は北近畿を代表する観光地の一つでもあり、生き残りをかけた新しい発想の観光地づくりの取り組みに注目したい。 〔岡田〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    家族旅行村

    2021年03月01日

     宿泊などの機能を持つ宮津市の公共施設「世屋高原家族旅行村」(宮津市上世屋)が3月末で閉鎖される。入り込み客の減少や施設の老朽化などの問題があり、現在…

    MORE
  • NO IMAGE

    新紙面

    2022年04月04日

    今年で創刊30周年を迎える北近畿経済新聞は、今号から紙面をリニューアルした。紙面のデザインを刷新し、カラー面を4ページにと倍増。これからは取材した北近…

    MORE
  • NO IMAGE

    3年ぶり

    2022年07月11日

     コロナ禍で長い間中止されていたイベントや行事などが次々と再開され、新聞やテレビでは「3年ぶり」の文字を頻繁に目にするようになった。実際、私も取材の際…

    MORE
  • NO IMAGE

    医療ひっ迫

    2021年05月11日

    弊社では朝礼を行っており、毎朝4人が短いスピーチをすることになっている。大型連休明け、6日のスピーチではそれぞれが大型連休の過ごし方について話した。い…

    MORE