北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

活気の火種

 8月初旬、せめてもの夏休みの思い出をと家族で「宮津天橋立エール花火」を観に行った。コロナ禍で打撃を受けている宮津市の観光業を盛り上げようと昨年の夏から始まったイベント。週末と祝日の夜、宮津湾内に約75発の花火が打ち上がる。事業者や来訪者に好評で、今年も開催されている▼現在、4回目の緊急事態宣言が発令されたため9月12日まで中止されているが、今年は10月17日まで開催してくれるそうだ。昨年と違い、事前に打ち上げ場所がホームページで公開されているので訪れやすくなっている。胸を躍らせながら車で宮津に向かった▼私たちは文珠地区の天橋立海水浴場で打ち上げられる花火を観た。LED灯でライトアップされた砂浜で打ち上げられる花火は幻想的で奇麗だった。5分という短い間でも童心に戻り、夏の風物詩を満喫できた▼印象に残ったのは宮津の夜の街にわくわくソワソワした雰囲気が漂っていたこと。しばらく感じることができなかった何とも言えない空気感。この、いつかは花開く活気の火種を決して絶やしてはならないと強く思った夜だった。〔岩本〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    コロナと地方

    2021年06月01日

     「大変疲弊している。雇用調整助成金の給付延長をお願いしたい。Go Toトラベルも早期に実施してほしい」。ゴールデンウィークが明けた5月10日、宮津で…

    MORE
  • NO IMAGE

    緊急時の備えを

    2022年01月21日

     今月に入り新型コロナウイルスのオミクロン株の感染が急激に拡大し、北近畿でも連日のように多くの感染者を出している。従来と比べ症状が比較的軽いと言われて…

    MORE
  • NO IMAGE

    若者

    2023年05月11日

     「このまちにはなんにもない」。地元の若者からよく耳にする。ローカル紙の記者として胸が痛む言葉だ▼最近は毎日のように新しい店の取材に追われている。自社…

    MORE
  • NO IMAGE

    給付金

    2020年08月01日

     「掲載されていた美術館に行った」「夏休みにあの博物館に出かけようかと思っている」―。うれしいことに7月21日付の弊紙を見た知り合いの読者からこのよう…

    MORE