北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

新年の抱負

 コロナ禍の2021年が始まった。首都圏での緊急事態宣言、Go Toトラベルキャンペーンの停止延長など年始から暗い話題がある一方、2月下旬には医療従事者や高齢者、高齢者施設の従業員を対象にワクチンの接種が始まるといった希望の光も見えている▼年明けの取材といえば商工会議所の新年互礼会(賀詞交歓会)だが、コロナ対策のため参加人数を最小限に制限するなど、今年はどこも様子が違った。中でも福知山は例年の3分の1、豊岡は5分の1に参加者が減らされ、いつものような活気はみられなかったが、各会頭のあいさつからは地域経済をなんとか再生させようという気迫と決意が感じられた▼こうした厳しい環境下でも、企業は生き残りをかけて様々な挑戦を続けており、コロナ禍だからこそ生まれた新製品やサービスを取材する機会は多い▼企業の働き方にも大きな変化が起きているように、今だからこそ生み出せるアイデアもたくさんあるはずだ。まだまだコロナ収束の兆しは見えないが、今年も紙面を通じて読者に元気を届けられるよう努力したい。〔岡田〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    忘・新年会

    2020年12月01日

     とても悩ましい日々を送っている。自治会関連の忘・新年会の幹事を仰せつかっているからだ。悩んでいるのは店選びや予算ではなく、開催するかどうかだ▼忘・新…

    MORE
  • NO IMAGE

    綾部の山

    2021年04月12日

     京都府綾部市の町並みを見下ろす藤山(標高201㍍)と四尾山(同287㍍)。JR綾部駅の南口から10分ほど歩けば、共通の登山口となる南ケ丘公園に着く。…

    MORE
  • NO IMAGE

    ローカルフォト

    2021年03月11日

    まちの隠れた産業やそれに携わる人をカメラに収め、撮った写真を地域内外に発信する「ローカルフォト」。2月の冬日和、宮津で地元写真家らによる、このローカル…

    MORE
  • NO IMAGE

    コロナ禍のビジネス

    2021年03月21日

     新型コロナウイルスの国内感染が始まって1年余り。感染拡大に伴う旅行需要や外食需要の落ち込みで宿泊施設や飲食店を中心に今も厳しい状況が続く。一方で、こ…

    MORE