北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

心に残る接客

 普段からいろんな店で物を買ったり、飲食をするが、応対してくれる人の態度は様々。心のこもった応対してもらった時は、こちらまですがすがしい気持ちになれる。その人の対応が店や会社の印象にもつながるかと思うと、接客という仕事の重要性を改めて感じる▼先日、娘のスマホの機種交換のため、ある店へ行った時のこと。娘が希望する機種は在庫がないとのことで、希望に近い機種にしようと事前の来店予約の時から担当者に伝えていた▼当日、商談が始まると、担当者は事前に確認しておいた現在の料金プランと、新しい機種にした場合の料金プランを提示。新しい機種にしても今より料金が下がるよう、こちらの考えを丁寧に聞きながら何度もプランを練り直して最適のプランを提案し、契約後も設定の方法などを分かりやすく説明してくれた▼「頼まれごとは試されごと」とは実業家の中村文昭氏の言葉。手を抜くことは簡単だが、相手のために全力を尽くせば必ず結果は伴うはず。次にスマホを変えるときは、ぜひあの担当者にお願いしたいと思う接客だった。〔岡田〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    コロナの影響

    2020年08月11日

     本日付5面には、北近畿に本店を置く3信用金庫が行った4―6月期の景況調査の記事を掲載した。府北部、但馬、兵庫丹波のいずれの地域も急激に落ち込んだ。ま…

    MORE
  • NO IMAGE

    アフターコロナ

    2020年06月17日

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除された。これを受けて北近畿でも5月下旬から営業を再開する施設が増え始めて、週末になると駐車場にたくさんの…

    MORE
  • NO IMAGE

    活気の火種

    2021年09月01日

     8月初旬、せめてもの夏休みの思い出をと家族で「宮津天橋立エール花火」を観に行った。コロナ禍で打撃を受けている宮津市の観光業を盛り上げようと昨年の夏か…

    MORE
  • NO IMAGE

    コラム

    2021年06月11日

     北近畿経済新聞では毎号、様々な分野の専門家が執筆するコラムを掲載している。「お店・お宿の集客UP講座」では飲食店や宿泊施設のコンサルタントが集客方法…

    MORE