北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

家飲み

 本日付4面で㈱丹後王国ブルワリー(京丹後市)のクラフトビールの事業を紹介した。新型コロナウイルスの影響で飲食店向けの販売は低調に推移しているが、「家飲み」の需要により製造量は増えているという。ビール業界では家庭用サーバーが登場するなど、消費者が自宅でビールを楽しむ動きが広がっている▼コロナ禍で飲食店は営業時間やアルコール提供などで制約を受けている。利用しづらくなり、「外飲み」の機会がなくなったという人が多いのではないだろうか。私はもっぱら家飲みになった。暑くなってきた最近では、特にビールがおいしい。外で飲まなくなった分、自宅でゴクゴクと流し込む▼一方、ビールとは対照的に、日本酒の事業者からは「厳しい」という声が上がる。確かに新型コロナが広がってからは、飲食店や小売店で「争奪戦」になっていたような人気商品が店頭に残るようになった▼日本酒も好きな私は、ここぞとばかりに人気商品を購入した。ロックと相性が良い夏向けの酒だ。一升瓶なので量は十分。今晩も飲んで日本酒業界を応援する。〔樋口〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    アフターコロナ

    2020年06月17日

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除された。これを受けて北近畿でも5月下旬から営業を再開する施設が増え始めて、週末になると駐車場にたくさんの…

    MORE
  • NO IMAGE

    陸の孤島

    2022年08月11日

     本日付の紙面で、京丹後市が航空会社らと3者で取り組む地方創生プロジェクトを紹介した。その取材では、同市が時間距離で「東京から最も遠いまち」の一つであ…

    MORE
  • NO IMAGE

    赤れんが

    2023年02月21日

     最近、取材で膝を打つ思いをした。舞鶴市の舞鶴赤れんがパークに完成したシェアオフィスに入居したIT企業の社長の言葉だ▼東京都に本社を置く、その企業は西…

    MORE
  • NO IMAGE

    マスク

    2020年09月23日

     新型コロナウイルスの感染拡大で必需品となったマスク。以前は開店前のドラッグストアに行列ができるほど品薄だったが、今では色々な素材のマスクが店頭に並ぶ…

    MORE