北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

卯年

 3年ぶりに行動制限がなかった正月休みは例年より暖かく、穏やかに過ごせた。卯年は芽を出した植物が育ち、茎や葉が大きくなる時期で目に見えて大きく成長する年だとか。飛躍の年となることを願う▼コロナ禍が収束の兆しをみせ、感染に対する人々の過剰反応が薄れるなど病の認識自体も変わってきている。今年は購買行動が抑え込まれていた消費者の需要が更に高まり、長らく停滞していた経済活動が再燃し続けることで景気が良くなると信じたい▼そして、いずれは全ての水際対策もなくなり、円安の追い風などから、ほぼゼロにまで落ち込んだインバウンド消費も回復の一途をたどることになるだろう。観光地の多い北近畿にとっては明るい材料の一つだ▼一方で想像以上の円安、エネルギーや原材料費の高騰による物価高、ロシアのウクライナ侵攻に端を発した不安定な国際情勢など、懸念材料は山積みだ▼しかし、これらの障害を乗り越えた者だけが笑う激動の年であることは明らかだ。ウサギのような警戒心で先の情勢を読みつつ、素早く反転攻勢できるよう備えたい。〔岩本〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    新年度予算案

    2022年03月01日

    北近畿の自治体で新年度当初予算案の発表が相次いでいる。何に課題を持ち、どういった方向性でまちづくりを行うのかという各首長の方針が示される場でもあり、毎…

    MORE
  • NO IMAGE

    海のまち

    2020年07月03日

     今年はどうやら、海水浴や打ち上げ花火、祭りといった夏の楽しみを味わう機会がなさそうだ▼北近畿でも多くの市町が海水浴場の開設を見合わせており、早々に花…

    MORE
  • NO IMAGE

    新年の抱負

    2021年01月12日

     コロナ禍の2021年が始まった。首都圏での緊急事態宣言、Go Toトラベルキャンペーンの停止延長など年始から暗い話題がある一方、2月下旬には医療従事…

    MORE
  • NO IMAGE

    秋の味覚

    2021年10月01日

     秋の代表的な味覚として庶民に親しまれてきたサンマ。漁獲量は2019年から激減し、価格は上昇している。水産庁の見通しによると今年も漁獲量は低水準で推移…

    MORE