北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

ユーチューバー

 テレビ番組でユーチューバーをよく見るようになった。低下する視聴率を上げるためだろうか。人気者にすがろうとする各局の苦肉の策のようにうつる。テレビ画面にユーチューバーを登場させることは彼らのチャンネルの知名度を更に上げることになる。テレビ関係者は自分で自分の首を絞めることにならないか?▼おせっかいはさておき、私もバスケの試合を解説するユーチューバーらが好きでよく視聴している。だが、パブリシティー権や肖像権などの権利関係はクリアになっているのか。疑問に思うチャンネルもたくさんある▼陳腐な正義感を振りかざし、非常識な行動で再生数を稼ぐユーチューバーも増えた。薬物で逮捕、保釈された俳優に〝突撃〟した男性もいた。常軌を逸している▼こんな人間の動画は見なければ良いだけだが、ユーチューバーに憧れる小さな子どもがたくさんいる。これは看過できない。悪質な人間のチャンネルが放置され、巨額の金を出すスポンサーがいることも理解できない。とにかく最近は「表現の自由」という言葉が形骸化しているようで不安でならない。〔岩本〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    心に残る接客

    2020年11月21日

     普段からいろんな店で物を買ったり、飲食をするが、応対してくれる人の態度は様々。心のこもった応対してもらった時は、こちらまですがすがしい気持ちになれる…

    MORE
  • NO IMAGE

    アーティスト

    2021年04月21日

     音楽やダンスなどの舞台芸術が好きで、少し前まではよくホールに足を運んでいた。しかし、コロナで全てが変わってしまった▼昨年は多くのホールや劇場が閉鎖さ…

    MORE
  • NO IMAGE

    給付金

    2020年08月01日

     「掲載されていた美術館に行った」「夏休みにあの博物館に出かけようかと思っている」―。うれしいことに7月21日付の弊紙を見た知り合いの読者からこのよう…

    MORE
  • NO IMAGE

    オンライン

    2020年12月16日

     2020年も残り1カ月を切った。新型コロナウイルスの感染が広がった今年は、企業や団体などで「従来通り」が通用しなくなり、注目されたのが「オンライン」…

    MORE