北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

アクリルに木の温かみ

京丹後・松崎工芸のパーテーションが好評 コロナ禍の需要取り込む

 木工業の松崎工芸㈱(本社・京丹後市弥栄町黒部、松﨑英樹社長)は、飲食店などが新型コロナウイルス対策で設置するアクリル製パーテーション(仕切り)の需要を取り込んでいる。土台に木を用いた商品を作り、自社ブランドとOEM(相手先ブランドによる製造)で受注を獲得。無機質なアクリルに木の温かみを付加し、好評を得ている。=詳細は9月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 舞鶴で北海道を感じて

    2022年03月01日

    新日本海フェリー舞鶴支店 ターミナルで北海道ランチ提供 舞鶴にいながら北海道を感じて―。舞鶴―北海道・小樽間の高速フェリーを運航する舞鶴…

    MORE
  • 衣類ブランド展開へ

    2020年11月21日

    綾部のペダル 独自商品で差別化図る 婦人服を販売する綾部市西町1丁目のセレクトショップ「PEDAL(ペダル)」(平野孝代表)は、オリジナ…

    MORE
  • 朝食始めました

    2020年09月23日

    宮津・山一水産の飲食店 業態変え、新浜に移転開業  鮮魚仲買の㈱山一水産(本社・宮津市鶴賀、山添修社長)は1日、宮津市新浜のぴんと館1階…

    MORE
  • 電動バイクで城崎観光

    2020年08月11日

    「隙間時間」楽しんで 豊岡のたびぞう  旅行会社の㈱たびぞう(本社・豊岡市戸牧、大林大悟社長)はこのほど、電動バイクで豊岡市城崎町湯島の…

    MORE