北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

廃棄漁網で豊岡鞄

兵庫県鞄工業組合 ブランドの知名度向上に

豊岡市内の鞄メーカーでつくる兵庫県鞄工業組合(事務局・豊岡市大磯町、由利昇三郎理事長)は、海洋プラスチックごみの削減などに取り組む一般社団法人ALLIANCE FOR THE BLUE(東京都港区)と連携して廃棄漁網の再生生地を使った豊岡鞄を開発し、10月1日に販売を開始する。廃棄物に付加価値を与えて新たな製品に生まれ変わらせるアップサイクルの商品として注目を集めており、同組合は「豊岡鞄ブランドの知名度向上につながれば」としている。=詳細は8月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 世界初、屋内自動飛行を実現

    2020年09月11日

    綾部のアース・アナライザー 独自のドローンが注目集める  測量などを手掛ける綾部市渕垣町の㈱アース・アナライザー(荒木寿徳社長)が、大学…

    MORE
  • 人材集まる仕組みを

    2022年04月11日

    与謝野のローカルフラッグ 採用支援サービスを本格化 まちづくり事業を手掛ける与謝野町男山の㈱ローカルフラッグ(濱田祐太社長)は、採用支援…

    MORE
  • 開業は今夏に延期

    2022年01月21日

    おおいのシーシーパーク 資材の調達が困難 今年春に開業予定だった、おおい町成海の複合商業施設「シーシーパーク」の開業時期が今夏にずれ込む…

    MORE
  • 農産物を予約購入

    2024年05月01日

    豊岡で「トコサ」の新サービス 受け渡し場所に配達も 農家の減少や農業従事者の高齢化など農業を取り巻く環境が厳しさを増す中、欧米で普及する…

    MORE