北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

廃棄漁網で豊岡鞄

兵庫県鞄工業組合 ブランドの知名度向上に

豊岡市内の鞄メーカーでつくる兵庫県鞄工業組合(事務局・豊岡市大磯町、由利昇三郎理事長)は、海洋プラスチックごみの削減などに取り組む一般社団法人ALLIANCE FOR THE BLUE(東京都港区)と連携して廃棄漁網の再生生地を使った豊岡鞄を開発し、10月1日に販売を開始する。廃棄物に付加価値を与えて新たな製品に生まれ変わらせるアップサイクルの商品として注目を集めており、同組合は「豊岡鞄ブランドの知名度向上につながれば」としている。=詳細は8月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • アプリで社員が健康に

    2020年10月21日

    豊岡のシステムリサーチが開発  豊岡市日高町浅倉に本社を置くシステム開発販売会社の㈱システムリサーチ(山田良作社長、138人)はこのほど…

    MORE
  • ちょうちんを身近に

    2021年11月11日

    京都市の小嶋商店 京丹後に体験工房を開設 京丹後市に移住したちょうちん職人が、同市網野町浅茂川に工房を構えた。200年以上の歴史を持つ㈱…

    MORE
  • コロナ収束見据え新工場

    2021年04月12日

    朝来の菓子製造、佳長が建設 生産量75%増へ 兵庫県朝来市山東町一品の菓子製造販売、㈱佳長(村田博昭社長)の新工場が完成し、3月31日に…

    MORE
  • 宅配業者に感謝を

    2021年03月11日

    丹波市のマーノ 発送品にプレゼント同封 丹波市柏原町母坪の「cafe ma―no」(カフェ マーノ、北信也さん経営)は、2度目の緊急事態…

    MORE