北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

廃棄漁網で豊岡鞄

兵庫県鞄工業組合 ブランドの知名度向上に

豊岡市内の鞄メーカーでつくる兵庫県鞄工業組合(事務局・豊岡市大磯町、由利昇三郎理事長)は、海洋プラスチックごみの削減などに取り組む一般社団法人ALLIANCE FOR THE BLUE(東京都港区)と連携して廃棄漁網の再生生地を使った豊岡鞄を開発し、10月1日に販売を開始する。廃棄物に付加価値を与えて新たな製品に生まれ変わらせるアップサイクルの商品として注目を集めており、同組合は「豊岡鞄ブランドの知名度向上につながれば」としている。=詳細は8月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 仕事復帰めざす女性を応援

    2021年01月01日

    【特集】舞鶴にママコワーキングスペース 仕事を紹介、子連れで利用可能  妊娠や出産でやむなく職を退いた女性の中には、「仕事をしたいけれど…

    MORE
  • 価値高まる共有型オフィス

    2020年07月21日

    【特集】北近畿のコワーキングスペースを紹介  新型コロナウイルスは在宅勤務やリモート営業など、「働き方」を変えた。大手企業では本社の業務…

    MORE
  • クスリのアオキ傘下に

    2020年10月21日

    食品スーパーのフクヤ  食品スーパー「フクヤ」を運営する㈱フクヤ(本社・宮津市鶴賀、平野功社長)は、北陸が地盤のドラッグストアチェーン、…

    MORE
  • スイーツ選びは自宅で

    2021年02月01日

    香住のプラージュ ショーケースを生配信 香美町香住区七日市の民宿「夕香楼しょう和」(福田正幸社長)にある洋菓子店「プラージュ」は1日、店…

    MORE