北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

廃棄漁網で豊岡鞄

兵庫県鞄工業組合 ブランドの知名度向上に

豊岡市内の鞄メーカーでつくる兵庫県鞄工業組合(事務局・豊岡市大磯町、由利昇三郎理事長)は、海洋プラスチックごみの削減などに取り組む一般社団法人ALLIANCE FOR THE BLUE(東京都港区)と連携して廃棄漁網の再生生地を使った豊岡鞄を開発し、10月1日に販売を開始する。廃棄物に付加価値を与えて新たな製品に生まれ変わらせるアップサイクルの商品として注目を集めており、同組合は「豊岡鞄ブランドの知名度向上につながれば」としている。=詳細は8月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • カフェでキャンプ!?

    2021年12月21日

    朝来の国道沿いにグランピング施設 貸し切りでBBQを 朝来市山東町大垣の国道9号沿いのカフェ「Fuji Farm with Casual…

    MORE
  • 豊岡、養父にマリオット

    2020年09月11日

    道の駅周辺にホテル計画 宮津は12月15日開業  積水ハウス㈱(大阪市)と米マリオット・インターナショナルはこのほど、地方創生事業として…

    MORE
  • 舞鶴に本格レスリング場

    2021年02月11日

    市が文化公園体育館内に整備 競技レベルの底上げ期待  舞鶴市が同市上安久の舞鶴文化公園体育館内に整備していたレスリング場が完成し1日、供…

    MORE
  • リスク分散へ飲食に参入

    2022年03月21日

    綾部のタケダ 府南部で台湾ティーカフェ出店 眼鏡店を経営する㈱タケダ(本社・綾部市本町3丁目、武田誠社長)は、飲食事業に参入した。1号店…

    MORE