北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

廃棄漁網で豊岡鞄

兵庫県鞄工業組合 ブランドの知名度向上に

豊岡市内の鞄メーカーでつくる兵庫県鞄工業組合(事務局・豊岡市大磯町、由利昇三郎理事長)は、海洋プラスチックごみの削減などに取り組む一般社団法人ALLIANCE FOR THE BLUE(東京都港区)と連携して廃棄漁網の再生生地を使った豊岡鞄を開発し、10月1日に販売を開始する。廃棄物に付加価値を与えて新たな製品に生まれ変わらせるアップサイクルの商品として注目を集めており、同組合は「豊岡鞄ブランドの知名度向上につながれば」としている。=詳細は8月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 「宅録」で声を販売

    2020年12月21日

    司会業の澤田のりよさん コロナ禍で新サービス  コロナ禍でイベントや式典などが中止になり、壊滅的な状況にある司会業界。そんな中、小浜市在…

    MORE
  • 白砂に七色の光

    2020年07月21日

    宮津・天橋立 ライトアップ始まる  宮津市の天橋立が光で彩られている。ピンクや紫、青、グリーンなど、松並木に沿って据え付けられた色とりど…

    MORE
  • 福井の伝統工芸 現代に

    2020年09月23日

    福井県がビームスと商品開発 のんさんがイラスト  福井県は、セレクトショップ大手の㈱ビームス(東京都渋谷区)と組み、小浜市などが産地の「…

    MORE
  • 古民家の蔵を宿に

    2021年04月12日

    小浜の重伝建 「丹後街道つだ・蔵」が開業 福井県小浜市浅間に3月28日、古民家の蔵を改装した宿泊施設「丹後街道つだ・蔵」が開業した。国の…

    MORE