北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

老舗割烹がうなぎ店に

丹波市の辻判 コロナで業態転換

創業202年を誇る丹波市春日町国領の老舗料亭「割烹 辻判」(上田素志代表)が16日、うなぎ専門店へと生まれ変わる。新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが大きく減ったことに伴う業態転換で、上田代表(74)は「苦渋の選択だったが、200年ののれんを守るために思い切った」と話している。=詳細は6月1日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 生薬の安定供給へ

    2022年02月21日

    栃本天海堂の福知山工場が完成 医薬品や健康食品などの製造販売を手掛ける㈱栃本天海堂(本社・大阪市北区、栃本大輔社長)が福知山市三和町みわ…

    MORE
  • 芸術・観光の人材育成

    2021年04月01日

    豊岡の専門職大学が開学 兵庫県が豊岡市山王町に整備していた「芸術文化観光専門職大学」が1日、開学した。芸術文化や観光の分野で活躍する専門…

    MORE
  • 若きリーダーに聞く

    2023年03月21日

    鴨田秋津・舞鶴市長にインタビュー 2月5日の市長選で現職ら3人を破って初当選した。3期12年続いた前市長による市政は終わり、その舵取りは…

    MORE
  • 築230年の古民家を移築

    2022年07月21日

    おおい町で再生プロジェクト 今秋、商業施設に おおい町佐分利で築230年の古民家を移築する再生プロジェクトが進んでいる。活用するのは同地…

    MORE