北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

コロナ収束見据え新工場

朝来の菓子製造、佳長が建設 生産量75%増へ

兵庫県朝来市山東町一品の菓子製造販売、㈱佳長(村田博昭社長)の新工場が完成し、3月31日に稼働した。コロナ収束後の商品増産を見据え、7億円を投じて設備投資した。生産量は75%アップする。以前は狭かった商品直売所も広くして移設。販売アイテムを増やしており、年間売り上げ5千万円を目指す。=詳細は21年4月11日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 長田野に新工場建設

    2023年06月11日

    投資額は80億円 知育菓子のクラシエフーズ クラシエホールディングス㈱(本社・東京都港区、岩倉昌弘社長)は5月31日、子会社で知育菓子な…

    MORE
  • 次世代見据え新工場

    2020年10月01日

    松井アーキメタル 舞鶴営業所を新築移転 金属金物を中心とした建築資材の商社、松井アーキメタル㈱(本社・京都市下京区、松井健治社長)は、金…

    MORE
  • 複合商業施設に刷新

    2023年05月01日

    福知山駅北の銀鈴ビル 飲食など8店が入居 JR福知山駅北側の福知山駅正面通商店街にある旧パチンコ店「銀鈴ビル」が、飲食店や美容室など8店…

    MORE
  • アウトドア市場に参入

    2020年12月01日

    綾部のアカツキ製作所が直営店 異分野商品の足掛かりに  水平器メーカーの㈱アカツキ製作所(本社・綾部市井倉新町、小寺建樹社長)は、アウト…

    MORE