北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

四季感じる生活に満足

【特集】横浜から養父に移住、わはは牧場の山﨑さん 食肉の一貫生産に共感

 今年は丑年。養父市大屋町蔵垣の「わはは牧場」(上垣康成代表)には、横浜から移住し、牛の世話など牧場の仕事に励んでいる女性がいる。山﨑友香さん(32)。以前は出版社で農業雑誌の編集をしていたが、取材で訪れた同牧場の食に対する考え方に共感。ここで働くために同市へ移り住んだ山﨑さんは「四季を肌で感じられる今の生活に満足。今年は仕事もプライベートも楽しんで過ごせれば」と充実した日々を送っている。=詳細は1月1日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • アクリルに木の温かみ

    2021年09月21日

    京丹後・松崎工芸のパーテーションが好評 コロナ禍の需要取り込む  木工業の松崎工芸㈱(本社・京丹後市弥栄町黒部、松﨑英樹社長)は、飲食店…

    MORE
  • 世界初、屋内自動飛行を実現

    2020年09月11日

    綾部のアース・アナライザー 独自のドローンが注目集める  測量などを手掛ける綾部市渕垣町の㈱アース・アナライザー(荒木寿徳社長)が、大学…

    MORE
  • 水耕栽培+魚の養殖

    2021年06月01日

    与謝野の砂後建設 次世代の農業に挑戦 与謝野町与謝の砂後建設㈱(砂後隆正社長)は、野菜の水耕栽培と魚の養殖を組み合わせた次世代の農業「ア…

    MORE
  • 丹後の魚を世界へ

    2022年11月01日

    宮津の山一水産 最新鋭の加工施設、直売所開設 丹後の魚を世界へ―。宮津市鶴賀の水産物卸売業、㈱山一水産(山添修社長)は10月22日、同所…

    MORE