北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

四季感じる生活に満足

【特集】横浜から養父に移住、わはは牧場の山﨑さん 食肉の一貫生産に共感

 今年は丑年。養父市大屋町蔵垣の「わはは牧場」(上垣康成代表)には、横浜から移住し、牛の世話など牧場の仕事に励んでいる女性がいる。山﨑友香さん(32)。以前は出版社で農業雑誌の編集をしていたが、取材で訪れた同牧場の食に対する考え方に共感。ここで働くために同市へ移り住んだ山﨑さんは「四季を肌で感じられる今の生活に満足。今年は仕事もプライベートも楽しんで過ごせれば」と充実した日々を送っている。=詳細は1月1日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 法事や体験 リモートで

    2020年10月12日

    綾部の正暦寺がオンラインサービス  綾部市寺町の正暦寺(玉川弘信住職)は、オンラインの活用を進めている。新型コロナウイルスによって人が集…

    MORE
  • コロナ禍の北近畿観光 再生へ

    2020年07月21日

    【特集】北近畿の観光関連団体代表にインタビュー  新型コロナウイルスの感染拡大は、国内観光に大きな打撃を与えた。緊急事態宣言が解除され、…

    MORE
  • 古民家の蔵を宿に

    2021年04月12日

    小浜の重伝建 「丹後街道つだ・蔵」が開業 福井県小浜市浅間に3月28日、古民家の蔵を改装した宿泊施設「丹後街道つだ・蔵」が開業した。国の…

    MORE
  • マイクロツーリズムを

    2020年07月21日

    【特集】北近畿の博物館、美術館を紹介  3密の都市部を避けて近場の観光地を周遊する「マイクロツーリズム」が注目されている。この機会に、今…

    MORE