北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

ウィズコロナの店づくり

北陸初、配膳ロボ導入 小浜のやまと庵

 小浜市四谷町のとんかつ・和食店「やまと庵」を経営する㈲やまと(本社・小浜市四谷町、小泉伊久治社長)は、料理を自動で客席に運ぶ「フロアー配膳ロボット」を北陸エリアで初めて導入し、10月19日から同店で運用を始めた。スタッフの負担軽減などを目的に導入。人手不足や来店客が安定しないウィズコロナの時代に、少人数でも機能する店づくりを確立し、サービスの質向上を目指す。=詳細は11月11日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 手頃価格で〝名店の味〟

    2023年07月11日

    DXでコスト削減 京丹後のとり松が新業態店 丹後名物の「ばらずし」で知られる和食の名店が、うどんやパスタなどの麺料理を中心とした新業態店…

    MORE
  • すしの販路広げる

    2023年08月11日

    加悦ファーマーズライス 与謝野の米で差別化、SAや直営店で売上高増 与謝野町が出資する第3セクター会社の㈱加悦ファーマーズライス(本社・…

    MORE
  • 世界最薄のアルミ卓

    2020年10月01日

    福知山のコアマシナリーが商品化進める  精密機械部品製造業のコアマシナリー㈱(本社・福知山市三和町芦渕、岡本真樹社長)は、天板の先端の厚…

    MORE
  • JALの機内食に

    2021年09月01日

    高浜のブドウ「若狭ふじ」 きょうからファーストクラスで 高浜町鎌倉の永野農園(永野和夫代表)が生産するブドウ「若狭ふじ」が日本航空㈱(J…

    MORE