北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

森甚の味を守りたい

豊岡の二方蒲鉾 ちくわのOEM始める

 多くのファンに親しまれた「森甚のちくわ」を製造する㈱森甚商店(本社・新温泉町諸寄、森塚久志社長)が5月末で練り製品の製造を終了したことを受け、同業の二方蒲鉾㈱(同・豊岡市瀬戸、二方道正社長)は今月5日から、「あごちくわ」など森甚ブランド製品のOEM(相手先ブランドによる生産)を始めた。「共に但馬の練り製品業界を盛り上げてきた仲間として、森甚の味を守りたい」と二方社長(46)が製造を引き受けたもので、販売業務は森甚が担う。=詳細は7月11日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 舞鶴のり 特産へ

    2021年03月11日

    野原漁港で養殖に成功 地元漁師が50年ぶりに 舞鶴市の野原漁港で日本海側では珍しいノリの養殖が始まっている。昨秋、地元漁師が同漁港沖で試…

    MORE
  • 漁村にオーベルジュ

    2020年08月11日

    小浜の志積地区にレストラン開業 秋に宿泊棟整備  小浜市志積の漁村に宿泊棟を備えた飲食施設のオーベルジュが整備される。1日、オーシャンビ…

    MORE
  • ワーケーション誘致へ

    2020年08月21日

    府北部の宿がプランを発売  新型コロナウイルスの感染拡大で観光の形態が変化する中、国が推進する「ワーケーション」が注目されている。府北部…

    MORE
  • 舞鶴に本格レスリング場

    2021年02月11日

    市が文化公園体育館内に整備 競技レベルの底上げ期待  舞鶴市が同市上安久の舞鶴文化公園体育館内に整備していたレスリング場が完成し1日、供…

    MORE