北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

森甚の味を守りたい

豊岡の二方蒲鉾 ちくわのOEM始める

 多くのファンに親しまれた「森甚のちくわ」を製造する㈱森甚商店(本社・新温泉町諸寄、森塚久志社長)が5月末で練り製品の製造を終了したことを受け、同業の二方蒲鉾㈱(同・豊岡市瀬戸、二方道正社長)は今月5日から、「あごちくわ」など森甚ブランド製品のOEM(相手先ブランドによる生産)を始めた。「共に但馬の練り製品業界を盛り上げてきた仲間として、森甚の味を守りたい」と二方社長(46)が製造を引き受けたもので、販売業務は森甚が担う。=詳細は7月11日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 法事や体験 リモートで

    2020年10月12日

    綾部の正暦寺がオンラインサービス  綾部市寺町の正暦寺(玉川弘信住職)は、オンラインの活用を進めている。新型コロナウイルスによって人が集…

    MORE
  • ユニホームの旗艦店

    2021年03月21日

    福知山のユニワーク 実店舗を開設 作業服やユニホームの卸を手掛ける福知山市土師新町3丁目の㈱ユニワーク(細見健介社長)は12日、同市東羽…

    MORE
  • ライブオフィスを整備

    2022年05月21日

    福知山の雀部丸鐵 生産性向上めざす 産業機器・事務機器販売の㈱雀部丸鐵(雀部智也社長)は、福知山市堀の本社事務所を改修して顧客が見学でき…

    MORE
  • 養父のマリオットホテル着工

    2021年11月01日

    積水ハウス 来年9月完成めざす 積水ハウス㈱(大阪市)とホテル大手の米マリオット・インターナショナルはこのほど、養父市八鹿町高柳の道の駅…

    MORE