北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

森甚の味を守りたい

豊岡の二方蒲鉾 ちくわのOEM始める

 多くのファンに親しまれた「森甚のちくわ」を製造する㈱森甚商店(本社・新温泉町諸寄、森塚久志社長)が5月末で練り製品の製造を終了したことを受け、同業の二方蒲鉾㈱(同・豊岡市瀬戸、二方道正社長)は今月5日から、「あごちくわ」など森甚ブランド製品のOEM(相手先ブランドによる生産)を始めた。「共に但馬の練り製品業界を盛り上げてきた仲間として、森甚の味を守りたい」と二方社長(46)が製造を引き受けたもので、販売業務は森甚が担う。=詳細は7月11日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 老舗割烹がうなぎ店に

    2021年06月01日

    丹波市の辻判 コロナで業態転換 創業202年を誇る丹波市春日町国領の老舗料亭「割烹 辻判」(上田素志代表)が16日、うなぎ専門店へと生ま…

    MORE
  • 旧車もおまかせ

    2021年09月13日

    綾部に自動車修理店 れいわオートが開店 綾部市栗町に車の修理はもちろん、旧車のレストア(修復・復元)まで手掛ける自動車修理店「れいわオー…

    MORE
  • 〝世界で1台〟のPC販売

    2021年02月11日

    京丹後のシスマックス 100億通りからオーダーメイド  ホームページ作成などを手掛ける京丹後市弥栄町和田野のシスマックス(新谷正憲代表…

    MORE
  • アプリで社員が健康に

    2020年10月21日

    豊岡のシステムリサーチが開発  豊岡市日高町浅倉に本社を置くシステム開発販売会社の㈱システムリサーチ(山田良作社長、138人)はこのほど…

    MORE