北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

静かな夏

 立秋も過ぎ、暦の上では秋。まだまだ厳しい暑さが続くが、田んぼの稲穂は黄色く輝き始め、いよいよ秋本番を迎える。スーパーには梨など秋の食材もちらほら並び始めた▼今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、いつもより静かな夏だった。「いつもなら海水浴や旅行に行くが、今年はどこにも出掛けなかった」という人も多いだろう。鉄道や高速道路の利用状況をみても、例年に比べて極端に人の動きが減っているのが分かる。盆の帰省客も、いつもより少なかった▼北近畿の観光地はまだまだ以前のにぎわいが戻っていないものの、取材で訪れた出石や城崎では観光客の姿もみられた。地元の事業者からは「土・日曜は比較的多くの人が来てくれた」という声も聞かれ、少しほっとした▼子どもたちの夏休みも短く、盆明けから2学期が始まった学校は多い。猛暑の中で登下校する児童らの姿を見ていると、熱中症にならないかと心配になる▼まだまだコロナの脅威から逃れることはできないが、来年こそは今までのように、にぎやかな夏に戻ってほしいと願っている。〔岡田〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    丹後ちりめん

    2020年11月11日

     「ガチャンガチャン」という機織り機の大きな音と潮の匂い。小学生まで、夏休みは母の実家がある旧丹後町で過ごした。今でも潮風を吸うと記憶が鮮明によみがえ…

    MORE
  • NO IMAGE

    マスク

    2020年09月23日

     新型コロナウイルスの感染拡大で必需品となったマスク。以前は開店前のドラッグストアに行列ができるほど品薄だったが、今では色々な素材のマスクが店頭に並ぶ…

    MORE
  • NO IMAGE

    心に残る接客

    2020年11月21日

     普段からいろんな店で物を買ったり、飲食をするが、応対してくれる人の態度は様々。心のこもった応対してもらった時は、こちらまですがすがしい気持ちになれる…

    MORE
  • NO IMAGE

    海のまち

    2020年07月03日

     今年はどうやら、海水浴や打ち上げ花火、祭りといった夏の楽しみを味わう機会がなさそうだ▼北近畿でも多くの市町が海水浴場の開設を見合わせており、早々に花…

    MORE