北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

雑記ノートBLOG

家族旅行村

 宿泊などの機能を持つ宮津市の公共施設「世屋高原家族旅行村」(宮津市上世屋)が3月末で閉鎖される。入り込み客の減少や施設の老朽化などの問題があり、現在の形態では維持が困難になったという。個人的には自信を持って勧められる観光スポットであるだけに残念だ▼丹後天橋立大江山国定公園に指定された世屋高原にあり、ブナ林の自然や日本海の展望が楽しめる。2015年4月からは地元住民らでつくる世屋高原活用協議会が指定管理者となり、バギーや化石発掘、メープルシロップ作りなどの体験プログラムを提供。同協議会の西原重樹さん(45)は「全国から予約が入る体験もある」と手応えを感じていた▼新型コロナウイルスの感染拡大により、「密」を避けたアウトドアなどのレジャーの需要が高まっている。家族旅行村はこれからの時代に即した施設だったが、市の財政状況を考慮すると苦渋の判断を余儀なくされたのだろう▼4月以降の施設の在り方は、市や地元などが協議中で未定。魅力のある施設であるだけに、早期に営業が再開されることを願う。〔樋口〕

共有

関連記事

  • NO IMAGE

    台風7号

    2023年09月21日

     各地で猛威を振るった8月の台風7号は北近畿の各地でも甚大な被害をもたらし、綾部市で発生した大規模な土砂崩れは全国に報じられた▼8月14日深夜から15…

    MORE
  • NO IMAGE

    外国人材

    2022年11月01日

    10月下旬の日曜。毎年、綾部市サッカー協会の一大行事がある。「市民サッカー大会」だ。出場する選手の年齢層は幅広く、女性や子どもが参加することもある。激…

    MORE
  • NO IMAGE

    ローカルフォト

    2021年03月11日

    まちの隠れた産業やそれに携わる人をカメラに収め、撮った写真を地域内外に発信する「ローカルフォト」。2月の冬日和、宮津で地元写真家らによる、このローカル…

    MORE
  • NO IMAGE

    ワーケーション

    2022年04月21日

     コロナ禍で注目されているワーケーション。「Work(ワーク)」と「Vacation(バケーション)」を組み合わせた造語で、観光地やリゾート地などで過…

    MORE