北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

表具師が究極のポン酢

舞鶴の壷内さんが「ツボポン」商品化 削りたての最高級カツオ節など使用

舞鶴市の表具師が、食材にこだわった高級ポン酢を商品化した。同市公文名の表具店に勤める壷内武志さん(36)が手掛けた「ツボポン」で、自ら削った最高級のカツオ節や昆布を惜しみなく使用しており、価格は125㌘で税込み2380円と破格。専門家から「日本一高いのでは」と評価され、先月、東京都内のヒルズタワーで「感動を味わえる究極のポン酢」として展示販売された。=全文は7月1日号紙面、またはnote

共有

タグ

関連記事

  • 敦賀―城崎間でデビュー

    2024年03月11日

    JR西日本の新しい観光列車 「はなあかり」10月運行 JR西日本は、10月から運行する新しい観光列車の名称を「はなあかり」とし、グリーン…

    MORE
  • 女性猟師が商品開発

    2024年06月11日

    福知山の公庄さん 自ら捕獲の鹿を活用 犬用ジャーキーに 福知山市で女性猟師として活動している公庄美保子さん(42)=福知山市筈巻=が、自…

    MORE
  • 色鮮やか舞鶴抹茶

    2023年02月11日

    「お茶の流々亭」が商品化 まちの宝へ〝銘〟募る 舞鶴市吉坂の「お茶の流々亭」(片山亜未代表)が、舞鶴産の茶葉にこだわった抹茶を商品化した…

    MORE
  • 世界初、屋内自動飛行を実現

    2020年09月11日

    綾部のアース・アナライザー 独自のドローンが注目集める  測量などを手掛ける綾部市渕垣町の㈱アース・アナライザー(荒木寿徳社長)が、大学…

    MORE