北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

3分で丹後ちりめん

織物業とデザイナーが「カップチリメン」開発

カップにお湯を注いで3分ででき上がるのはラーメンではなく丹後ちりめん―。織物産地の丹後で、ユニークなキット商品が誕生した。地元の織物業とデザイナーが3人で共同開発した、その名も「カップチリメン」。生地が「縮む」工程を手軽に体験してもらい、丹後ちりめんの間口拡大を図る。=全文は6月11日号紙面、またはnote

共有

タグ

関連記事

  • 神鍋にマリオットホテル

    2022年11月21日

    兵庫県内初の「フェアフィールド」開業 積水ハウス㈱(大阪市)と米マリオット・インターナショナルが豊岡市日高町栗栖野の道の駅「神鍋高原」隣…

    MORE
  • 但馬初のエンディングルーム

    2021年12月11日

    香陽が豊岡営業所に開設 ギフトや生花販売を手掛ける㈱香陽(本社・香美町香住区七日市、田中利明社長)は、豊岡市上陰の豊岡営業所に専用施設と…

    MORE
  • 法事や体験 リモートで

    2020年10月12日

    綾部の正暦寺がオンラインサービス  綾部市寺町の正暦寺(玉川弘信住職)は、オンラインの活用を進めている。新型コロナウイルスによって人が集…

    MORE
  • 気球から古代の天平観

    2021年07月21日

    宮津の観光体験に 天橋立を横一線に望む宮津市国分の史跡丹後国分寺跡に4日、気球が浮かんだ。熱気球による係留飛行を宮津の新しいアクティビテ…

    MORE