北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

魅力発信へ「森林浴茶」

香美町小代の木でハーブティー 異業種連携で開発

香美町小代区の森林で伐採された樹木などを使い、地元の事業者らがハーブティーの製造販売を行っている。森の中にいるような香りが楽しめることから「森林浴茶」と名付けられた商品は、造園業やデザイン事務所などを営む異業種の3人が、それぞれの経験や知識を活用して生み出した。=全文は3月11日号紙面などで

共有

タグ

関連記事

  • 【特集】北近畿の〝ひんやりスイーツ〟

    2022年07月21日

    夏の暑さが本格化する。食欲がなくなりがちなこの時期、食べたくなるのが、アイスクリームなどの冷たくて甘い〝ひんやりスイーツ〟。北近畿には食材や製…

    MORE
  • 【特集】本紙の〝大先輩〟を紹介

    2022年04月11日

    北近畿のロングセラー商品12点 北近畿経済新聞は創刊30周年を迎えたが、北近畿にはより長きにわたり地域で親しまれる〝大先輩〟ともいえる商…

    MORE
  • 小浜に恐竜ホテル

    2023年05月22日

    アーバンポート花椿 動くオブジェがお出迎え 小浜市白鳥の「ホテルアーバンポート 四季彩の宿 花椿」に、体長2~3㍍の動く恐竜オブジェが設…

    MORE
  • 次世代のグランピング

    2021年05月01日

    京都市のゼンシン 京丹後で第1号施設を開業 イベントや展示会のプロデュースを手掛ける㈱ゼンシン(本社・京都市、前田雄一社長)は4月28日…

    MORE