北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

老舗の暖簾守る

豊岡市の「継業バンク」 初の事業継承が成立

後継者がいない地元の事業者と事業を継ぎたい人とのマッチングを支援しようと豊岡市が2021年10月に始めた継業支援サービス「継業バンク」で、初めて事業承継が成立した。同市出石町町分で43年間営業していた料理店「葵」が東京の企業に事業譲渡を行い、今月10日から一部営業を再開。地域住民に親しまれてきた老舗の暖簾が守られた。=全文は8月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 子どもに映画を

    2024年02月11日

    大人が料金先払い 丹波市の映画館が「足ながシネマ」始める 子どもたちのために善意の大人が映画料金を先払いする「足ながシネマ」という取り組…

    MORE
  • ちょうちんを身近に

    2021年11月11日

    京都市の小嶋商店 京丹後に体験工房を開設 京丹後市に移住したちょうちん職人が、同市網野町浅茂川に工房を構えた。200年以上の歴史を持つ㈱…

    MORE
  • グルテンフリーのスイーツ店

    2022年10月11日

    養父のカタシマ 「片島成好堂」を城崎に 洋菓子製造販売業のカタシマ㈱(本社・養父市小城、廣氏良致社長)は9月23日、豊岡市城崎町湯島の城…

    MORE
  • 生野銀山で洋菓子熟成

    2022年12月01日

    養父のカタシマ シュトーレン限定販売 ドイツの伝統菓子で、クリスマスの訪れを待ちながら少しずつ食べることで知られる「シュトーレン」。洋菓…

    MORE