北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

6次化へスクラム

但馬・丹波の3者 サツマイモの加工品で

農家と販売・流通のプロ、シェフという異なる特性を持つ3者がスクラムを組んだ。但馬と兵庫丹波地域をサツマイモの産地にするととともに、サツマイモを使った加工品とレシピの開発で地域を元気にしようという取り組みが始まっている。商品第1弾となったのは特許製法を使ったサツマイモのペースト。家庭で手軽に使ってもらうための料理も複数考案され、消費拡大を図って6次産業化を目指したい考えだ。=詳細は3月11日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 舞鶴のり 特産へ

    2021年03月11日

    野原漁港で養殖に成功 地元漁師が50年ぶりに 舞鶴市の野原漁港で日本海側では珍しいノリの養殖が始まっている。昨秋、地元漁師が同漁港沖で試…

    MORE
  • 専用鞄で命を救え

    2023年09月21日

    丹波市のマルスバッグ 救急ヘリ懸垂降下で開発 丹波市柏原町柏原の鞄製造業、「Maru Su Bags(マルスバッグ)」(細川晋代表)は、…

    MORE
  • 廃棄漁網で豊岡鞄

    2021年08月21日

    兵庫県鞄工業組合 ブランドの知名度向上に 豊岡市内の鞄メーカーでつくる兵庫県鞄工業組合(事務局・豊岡市大磯町、由利昇三郎理事長)は、海洋…

    MORE
  • 〝たくあん〟を名物に

    2022年05月11日

    出石に漬物カフェ出店へ 地元出身の福富裕貴さん 「たくあん漬け」を考案したとされる沢庵宗彭和尚が生まれた豊岡市出石町で、同町出身の福富裕…

    MORE