北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

色鮮やか舞鶴抹茶

「お茶の流々亭」が商品化 まちの宝へ〝銘〟募る

舞鶴市吉坂の「お茶の流々亭」(片山亜未代表)が、舞鶴産の茶葉にこだわった抹茶を商品化した。市内産の茶葉のみで作った希少な抹茶で、来月の発売を前に「まちの宝物にして名産品に」との思いから商品名となる抹茶の「銘」を募っている。=詳細は2月11日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • ウィズコロナの店づくり

    2020年11月11日

    北陸初、配膳ロボ導入 小浜のやまと庵  小浜市四谷町のとんかつ・和食店「やまと庵」を経営する㈲やまと(本社・小浜市四谷町、小泉伊久治社長…

    MORE
  • 丹波にご当地ラーメン

    2022年11月11日

    黒井城主の「赤鬼」表現  観光協会が氷上PAで提供 ご当地ラーメン「丹波の赤鬼らーめん」が3日、誕生した。丹波市観光協会(柳川拓三会長)…

    MORE
  • 長身女子向けワンピ

    2021年03月01日

    舞鶴のウッディーハウスが開発  170㌢でもくるぶし丈  CFマクアケで発売 衣料販売の㈱ウッディーハウス(本社・舞鶴市浜、志摩幹一郎社…

    MORE
  • ゆっくりと眼鏡選んで

    2020年12月01日

    丹波市の「めがね工房ラクーラ」 春日の田園地帯に新築移転  丹波市春日町小多利の県道追入市島線沿いの田園地帯にこのほど、オーダーメード眼…

    MORE