北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

〝たくあん〟を名物に

出石に漬物カフェ出店へ 地元出身の福富裕貴さん

「たくあん漬け」を考案したとされる沢庵宗彭和尚が生まれた豊岡市出石町で、同町出身の福富裕貴さん(34)=養父市八鹿町伊佐=が、たくあん漬けを中心にしたランチを提供するカフェ「お漬物キッチンいずしとわ」の出店計画を進めている。空き家になっていた豊岡市出石町材木の実家を改修して6月下旬のオープンを予定しており、福富さんは「たくあん漬けを皿そばに次ぐ出石の名物にしたい」と意気込んでいる。=詳細は5月11日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 地元水産物の魚価向上を

    2021年07月01日

    マーケット一体型レストラン 高浜の「UMIKARA」7日開業 高浜町が同町塩土に建設した海の6次産業施設「UMIKARA(うみから)」が…

    MORE
  • 府北部の逸品を発信

    2023年01月21日

    福知山の小林ふぁーむ ギフト箱の新ブランド立ち上げ 農業を手掛ける福知山市上小田の㈱小林ふぁーむ(小林加奈子社長)は、府北部の農産物や海…

    MORE
  • 浜メロンを舞鶴特産に

    2022年08月11日

    「若い農業者につなげたい」 神崎で試験栽培始まる メロンを舞鶴の特産にしようと舞鶴市神崎地区の農業者が試験栽培を始めた。今季は4品種を海…

    MORE
  • 開業は今夏に延期

    2022年01月21日

    おおいのシーシーパーク 資材の調達が困難 今年春に開業予定だった、おおい町成海の複合商業施設「シーシーパーク」の開業時期が今夏にずれ込む…

    MORE