北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

リスク分散へ飲食に参入

綾部のタケダ 府南部で台湾ティーカフェ出店

眼鏡店を経営する㈱タケダ(本社・綾部市本町3丁目、武田誠社長)は、飲食事業に参入した。1号店は台湾ティーカフェのフランチャイズ(FC)店で、10日に府南部の大型商業施設にオープン。新型コロナウイルスなどにより経営の不確定要素が増える中、事業を多角化することでリスクの分散を図る。=詳細は3月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 西舞鶴に複合型モール

    2021年10月01日

    さとう、27号沿いに来夏開業へ ドラッグストアなど併設 総合小売業の㈱さとう(本部・福知山市東野町、佐藤総二郎社長)は9月24日、舞鶴市…

    MORE
  • ビールでまちづくり

    2020年10月21日

    与謝野のローカルフラッグが新事業 自社ブルワリーも計画  ホップ産地の与謝野町にクラフトビールブランド「かけはしブルーイング」が誕生した…

    MORE
  • アクリルに木の温かみ

    2021年09月21日

    京丹後・松崎工芸のパーテーションが好評 コロナ禍の需要取り込む  木工業の松崎工芸㈱(本社・京丹後市弥栄町黒部、松﨑英樹社長)は、飲食店…

    MORE
  • 〝たくあん〟を名物に

    2022年05月11日

    出石に漬物カフェ出店へ 地元出身の福富裕貴さん 「たくあん漬け」を考案したとされる沢庵宗彭和尚が生まれた豊岡市出石町で、同町出身の福富裕…

    MORE