北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

福知山商品を一堂に

地元店舗の販路拡大へ 山城屋茶舗がカタログギフト

福知山市内記の日本茶・茶道具専門店、㈲山城屋茶舗(豊島建治社長)は、市内の商品やサービスを集めたカタログギフト「ふくさん」を開発し、25日から販売を始める。コロナ禍の影響を受ける地元店舗の販路拡大につなげようと同社取締役の豊島永子さん(43)が企画したもので、豊島さんは「選ぶ楽しさ、使う楽しさで、生活が少しでも豊かになれば」と利用を呼び掛けている。=詳細は9月21日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 次世代のグランピング

    2021年05月01日

    京都市のゼンシン 京丹後で第1号施設を開業 イベントや展示会のプロデュースを手掛ける㈱ゼンシン(本社・京都市、前田雄一社長)は4月28日…

    MORE
  • 刺繍の可能性知って

    2023年07月01日

    舞鶴の三葉商事が新工場 ギャラリーで新製品PR 舞鶴市福来に本社を置く刺繍加工業、㈲三葉商事(山下武志社長)は本社隣に新工場を建設し、6…

    MORE
  • デカフェ飲料を発売

    2023年07月01日

    豊岡のモアカル 地元店とコーヒー開発 デカフェ(カフェインレス)飲料の開発を進めていた豊岡市城崎町湯島の㈱モアカル(中村貴大社長)は6月…

    MORE
  • 〝運べる家〟を全国へ

    2022年01月21日

    京丹後の2社が商品化 京丹後市の建築士事務所と不動産業者が、住みたい場所へ運べる小さな家を商品にした。一般的な住宅の機能をそのままコンパ…

    MORE