北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

映画配信で劇場守れ

コロナ禍で利用者減少の豊劇 収益確保へ新事業

新型コロナウイルスの感染拡大で利用者が減少している豊岡市元町の映画館「豊岡劇場」(愛称・豊劇)は、映画館運営に加え、10月から新たに映画の配信事業を立ち上げる。売り上げの減少で存続が危ぶまれる劇場を守るため、映画配信で売り上げを補おうという新事業。地方の映画館が配信を手掛けるのは全国でも珍しいといい、施設を経営する石橋秀彦さん(52)は「豊岡に映画館があり続けるためにも支援を」と協力を呼びかけている。=詳細は9月1日号紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 地元の観光地を飴に

    2021年06月11日

    宮津のamame 天橋立と舟屋をモチーフに商品化 宮津市に住む女性が地元の観光地にちなんだ飴を商品化している。菓子・雑貨販売の「amam…

    MORE
  • 曲線屋根の木造建築

    2021年07月11日

    「技術伝える建物に」 よさの作事組が挑戦 与謝野町の建築関係28業者でつくる「よさの作事組」(葉賀吾市会長)は、従来とは異なる趣向の木造…

    MORE
  • ワーケーション誘致へ

    2020年08月21日

    府北部の宿がプランを発売  新型コロナウイルスの感染拡大で観光の形態が変化する中、国が推進する「ワーケーション」が注目されている。府北部…

    MORE
  • グランピングで集客

    2021年08月01日

    宮津市のヨットハーバー、にしがきが運営へ リゾート事業などを手掛ける㈱にしがき(本社・京丹後市大宮町口大野、西垣俊平社長)は、宮津市が募…

    MORE