北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

宮津のソウルフード復活

ととまーとに「カレー焼き」の店オープン

宮津駅前で3年前に惜しまれつつ廃業した「カレー焼き」の店が13日、宮津市漁師の観光施設「ととまーと」内に開店し、宮津のソウルフードが復活した。カレー焼きはカレーあんを大判焼きの生地で包んだ棒状(約10㌢)のB級グルメ。オープン初日、店には復活を喜び、昔を懐かしむ市民らが訪れていた。=詳細は3月21日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 感染リスクを低減

    2020年11月01日

    福知山の笹倉溶接工業 医療廃棄物収納容器を拡販へ  鉄工業の㈱笹倉溶接工業(本社・福知山市土師宮町2丁目、笹倉誠一社長)は、医療機関で出…

    MORE
  • 世界初、屋内自動飛行を実現

    2020年09月11日

    綾部のアース・アナライザー 独自のドローンが注目集める  測量などを手掛ける綾部市渕垣町の㈱アース・アナライザー(荒木寿徳社長)が、大学…

    MORE
  • オンラインで宿を体験

    2020年07月01日

    宮津のまるやす バーチャルプランを発売  新型コロナウイルスの感染拡大により宿泊施設が苦境に立たされる中、宮津市文珠の「酒鮮の宿まるやす…

    MORE
  • 仕事復帰めざす女性を応援

    2021年01月01日

    【特集】舞鶴にママコワーキングスペース 仕事を紹介、子連れで利用可能  妊娠や出産でやむなく職を退いた女性の中には、「仕事をしたいけれど…

    MORE