北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

抗菌加工で新商品

綾部の黒谷和紙 コロナ禍のニーズ取り込みへ

綾部市の伝統工芸品「黒谷和紙」の職人でつくる同市黒谷町の黒谷和紙協同組合(林伸次理事長)は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「新しい生活様式」に対応した表具や小物の新商品を舞鶴市内で発表した。いずれも抗菌加工を施した和紙を使い、コロナ禍のニーズを取り込むために開発。4月からの販売を計画する。=詳細は2月21日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • ゆっくりと眼鏡選んで

    2020年12月01日

    丹波市の「めがね工房ラクーラ」 春日の田園地帯に新築移転  丹波市春日町小多利の県道追入市島線沿いの田園地帯にこのほど、オーダーメード眼…

    MORE
  • 福知山商品を一堂に

    2021年09月21日

    地元店舗の販路拡大へ 山城屋茶舗がカタログギフト 福知山市内記の日本茶・茶道具専門店、㈲山城屋茶舗(豊島建治社長)は、市内の商品やサービ…

    MORE
  • にぎわい玄関口に

    2021年10月21日

    伊根町日出に 「鮨いちい」が開業 伊根町日出に1日、すし店「鮨いちい」がオープンした。地元の有名旅館で料理長を務めていた市井八州司さん(…

    MORE
  • 福知山に物流倉庫

    2020年12月21日

    大阪の栃本天海堂 生薬の安定供給へ工業団地の用地取得  医薬品製造販売業の㈱栃本天海堂(本社・大阪市、栃本大輔社長)は10日、福知山市三…

    MORE