北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

抗菌加工で新商品

綾部の黒谷和紙 コロナ禍のニーズ取り込みへ

綾部市の伝統工芸品「黒谷和紙」の職人でつくる同市黒谷町の黒谷和紙協同組合(林伸次理事長)は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「新しい生活様式」に対応した表具や小物の新商品を舞鶴市内で発表した。いずれも抗菌加工を施した和紙を使い、コロナ禍のニーズを取り込むために開発。4月からの販売を計画する。=詳細は2月21日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 車中泊施設で全国一

    2024年03月01日

    RVパーク城崎温泉いなばや 地酒や観光地らしさで 一般社団法人日本RV協会(本部・横浜市)が全国の車中泊施設「RVパーク」を対象に行った…

    MORE
  • 【特集】コロナ禍で脚光浴びる自販機

    2023年01月01日

    新型コロナウイルスの感染拡大で対面販売が難しい状況が続き、対面でなくても商品を販売できる自動販売機が全国的に普及している。北近畿でも自慢の商品…

    MORE
  • 成長事業の強化へ

    2023年04月01日

    京丹後の日進製作所 グループ企業を刷新、医療関連など集約 エンジン部品などを製造する㈱日進製作所(本社・京丹後市峰山町荒山、平野卓社長)…

    MORE
  • アウトドア観光を支援

    2023年06月01日

    豊岡のアドバンス DXで新サービス、変動料金制を導入へ 豊岡市の神鍋高原でアップかんなべスキー場などを運営するアドバンス㈱(本社・豊岡市…

    MORE