北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

府北部の衆院議員に聴く

東京一極集中の是正、コロナ禍の観光振興は?

人口の東京圏一局集中と地方の衰退という表裏一体の大きな課題は、各地方単独の自助努力では解決の道が見えず、首都直下地震の危機、著しく低い日本の食料自給率、地方自治の限界など、人口のアンバランスに起因する問題は山積している。一方、新型コロナウイルスの感染拡大は、国内の観光地に大きな打撃を与えた。観光需要喚起策のGo Toトラベルキャンペーンで回復軌道に乗ったかと思われたが、年末年始の一時停止で大きな混乱を招いた。コロナの収束が見通せない中、ウィズコロナ時代をどう生き抜くのか。北近畿経済新聞と姉妹紙のあやべ市民新聞は、府北部に基盤を置く衆院議員3人に共同インタビューを行い、考えを聴いた。=詳細は1月11日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 次のステージへ挑戦

    2020年11月11日

    【特集】丹後ちりめん創業300年  丹後織物工業組合(本部・京丹後市大宮町河辺、今井英之理事長)などは10月21日~11月1日、同組合で…

    MORE
  • 出石焼でコーヒーを

    2020年08月21日

    豊岡・出石に地域おこしカフェが開店  豊岡市出石町田結庄に8日、「出石珈琲 地域おこしカフェ」がオープンした。豊岡市の地域おこし協力隊と…

    MORE
  • 複合商業施設、22年開業

    2020年09月11日

    うみんぴあ大飯にチャレンジ店舗とテナント棟  おおい町と同町商工会は、同町成海の「うみんぴあ大飯」の町有地1㌶に、創業支援などを目的とし…

    MORE
  • 帯メーカーに転身

    2021年05月01日

    京丹後の松田織物 コロナ禍で奮闘 新型コロナウイルスの影響で丹後の織物業が苦境に立たされる中、京丹後市大宮町善王寺の松田織物㈲(松田忍社…

    MORE