北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

丹後織物で「豊岡財布」

婚礼衣装用生地を〝アップサイクル〟 8月初旬販売開始

 豊岡市の鞄メーカーと京丹後市の織物メーカーが連携し、丹後織物を使った「豊岡財布」を開発した。婚礼衣装としては扱えない生地に付加価値を与える〝アップサイクル〟の製品で、豊岡市内の鞄メーカー十数社で取り組む「TOYOOKA ZAIFU PROJECT」の第1弾商品として8月初旬の販売開始を目指している。=詳細は6月11日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 地元食材で「ご当地チョコ」

    2020年12月11日

    与謝野の「KANABO」 新たな丹後土産に  丹後の食材に魅了された料理人が、丹後ならではの〝ご当地チョコレート〟の事業に乗り出している…

    MORE
  • 【特集】若手経営者が語る 業界の未来

    2022年04月11日

    次代を担う4人にインタビュー 日本が人口減少の局面に入り、海外需要の獲得が課題となる中、新型コロナウイルスの感染拡大など世界経済を取り巻…

    MORE
  • 老舗旅館が屋内ゴルフ場

    2023年02月11日

    丹波の播磨屋 離れ改装しオープン 丹波市山南町和田の老舗料理旅館「播磨屋」が、新たな収益の柱の一つとして離れを改装して最新機器を備えたシ…

    MORE
  • 造園業者が複合施設

    2023年10月01日

    丹波の大地造園緑化 庭や草花に囲まれてカフェで一息を―。造園や外構工事などを手掛ける㈱大地造園緑化(大地大輔社長)が今夏、丹波市山南町和…

    MORE