北近畿経済新聞ONLINE

地域経済の明日を見つめる

TEL.0773-42-6800

NEWSKITAKINKI KEIZAI

丹後織物で「豊岡財布」

婚礼衣装用生地を〝アップサイクル〟 8月初旬販売開始

 豊岡市の鞄メーカーと京丹後市の織物メーカーが連携し、丹後織物を使った「豊岡財布」を開発した。婚礼衣装としては扱えない生地に付加価値を与える〝アップサイクル〟の製品で、豊岡市内の鞄メーカー十数社で取り組む「TOYOOKA ZAIFU PROJECT」の第1弾商品として8月初旬の販売開始を目指している。=詳細は6月11日付紙面で

共有

タグ

関連記事

  • 大型商業施設近くに新店

    2020年06月17日

    舞鶴のイープカフェ 今秋の開業めざす  舞鶴市や高浜町に店舗を構える飲食店「E,P cafe(イープカフェ)」は、同市南浜町に新店舗を計…

    MORE
  • 観光施設 徐々に再開

    2020年06月17日

    コロナ感染防止へ  安全対策を徹底  新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されたことを受け、北近畿の観光地では観光施設や宿…

    MORE
  • 「週末養蜂」楽しんで

    2020年07月11日

    綾部に新会社 独自商品で需要取り込む  綾部市金河内町でこのほど、ニホンミツバチの飼育用品を専門に扱う全国的にも珍しい会社が設立された。…

    MORE
  • 竹田城跡で「天空ヨガ」

    2020年07月11日

    朝来のいけがわ ツアーPRへCF始める  但馬地域で着地型観光の商品化に取り組む㈲いけがわ(本社・朝来市和田山町寺谷、片山剛伸社長)の旅…

    MORE